放課後デイサービスらいむ

≪発達障害とは、受給者証の取り方とは、…≫

発達障害の概要を添付した図で解説してます。また、受給者証の取り方も添付したものを見てください。最近多くなっているのは、身体上の障害よりも、適応障害等の問題で精神的にマイナス思考になっている状態の児童・生徒さんが多くなっている。特に、対人関係や自閉的な生活環境、などが考えられているが、私は、私なりに少し角度を変えて問題点を探ってみます。すると、ここ数年、4~5人の通信制高校生とお付き合いしてきたが、徐々に生活に色彩感覚が芽生えてきた。服装、髪の色、表現色、等々において、おしゃれ感覚がでてきた。すると、自然と会話力がつき、話題性がでてきた。そして、一番大きな変化は、自分の周りのものに思いやりが出始めた。勿論、おっかなびっくり、おどおどしたものであるが、自分の変化が生まれ始めている。では、その特薬は何だろう。一例だが、彼ら、彼女たちにとって、何らかの自信がつくものができ始めたかもしれない。例えば、パソコンスキル、イラストレーションのスキル、小動物(ペット)との出会い、等々が考えられる。いずれにせよ、自分自身が良い方向に向かい始めていることは、素晴らしいことであり、コムネットでは、そんな彼ら、彼女たちをしっかり応援していきたい。

発達障害の概要と受給者証

 

≪放課後等デイサービスらいむOPEN≫

◆令和2年11月2日、「放課後等デイサービスらいむ」をOPENすることができました。仲間たちの協力を得て準備してきた新事業、ようやく形になりました。いつでも、だれでも、健康的な安全、かつ安心して生活できるコミュニテイーになれるようにベストをつくします。そして、この事業の目的である「夢を夢で終わらせない!」を常に心得として、一人でも多くの人たちの賛同が得られるように努力していくつもりです。うれしいことには、今日早速、二人の保護者から問い合わせがありました。私たちは、まだまだひよっこですから特別なことはできませんが、精いっぱい面倒を見させていただき、私たち自身も成長していけるチャンスを得たことに感謝しています。「らいむ」だからこそできるサポートは、通信制課程で高校卒業資格が取得でき、かつ指定校推薦で各種専門学校、4年制大学、短期大学等に進学することができます。また、就職活動を希望する高校生の利用者には、療育支援を受けながらでも、パソコンスキルアップや介護系フードサービススキル等、療育を受ける学生だからこそ、真面目に一生懸命仕事できる職域がたくさんあります。そのための就労特別技能訓練サポートを推奨し、バックアップしていきます。コムネットは、まだまだ小さな力かもしれませんが、きっと理解して協力していただける方々が出てきます。そう信じています。それが「夢を夢で終わらせない!」のモットーです。とにもかくにも、新しいスタイルの放課後等デイサービスを利用者さんも、保護者さんも、従業員さんも、みんなでいっしょになって、創っていきましょう!これがコムネットの願いです。

らいむ利用の流れ

≪「放課後等デイサービスらいむ」の許認可を取得≫

  • 令和2年10月1日、指定障害児通所支援事業者の指定申請について、「放課後等デイサービスらいむ」の認可が取得できました。
  • 就学中の小学1年生から高校3年生で、療育を必要とする児童・生徒のための放課後等デイサービスがスタートします!
    1.事業所の所在&連絡:いわき市小名浜中町境8の15      / 電話&FAX 0246(84)8056
    2.事業所の名称:放課後等デイサービス らいむ
    3.サービスの種類と定員:放課後等デイサービス / 1日の定員は10名迄。
  • 対象者:小学1年生から高校3年生迄。療育を必要とする児童・生徒(受給者証を所有)が利用できる学童保育型福祉サービス。

【放課後等デイサービスらいむの特色】

① デイサービスを受ける場所は、本館(小名浜中町境8の15)と別館(小名浜定西59の1渡辺ビル未来館内)の2か所です。

本館では、「ただいま。おかえりなさい。」といえる家庭的な雰囲気の一戸建ての住宅です。落ち着いて過ごしたい子どもたちにとって、居心地のいい場所になっています。 別館では、はしゃぎまわれる自遊スペース(約20坪)と静かに絵本を読んだり、読み聞かせができる絵本図書スペース、そして、学習ができる勉強スペースとパソコンスペースがあります。また、体験学習として、お料理ごっこ、お店屋さんごっこ、落書きごっこ、漫画家の蛭田先生のお絵描きごっこ等々、わくわくドキドキの楽しいワンダー・スペースにもなっています。支援体制は、健康的に、安全第一を心掛けて、サポートしていきます。なお、体験&見学は随時承りますので宜しくお願いします。

② 療育を必要とする高校生が、通信制課程で高卒資格を取得して、就活や進学に利活用できます。

学べるコムネットが主宰する「通信制高校サポート校いわき専科学園」では、療育を必要とする高校生でも、全日制高校と同様の高校卒業資格が取得できます。さらに、いわきにいながら「私立広域通信制高校つくば開成高等学校」の生徒として、4年制大学、短期大学、専門学校への進学を指定校推薦で進学できます。また、就職活動においても高卒者として採用されます。学びかた、いろいろ、自分流の高校生活を楽しんでください。そのお役に立てるようにベストを尽くします。

※通信制高校サポート校とは、高校在籍は、「私立広域通信制高校つくば開成高等学校」となり、高校課程の学習支援等を「いわき専科学園」で受けます。そして、高校在籍3年間で74単位以上修得したならば、全日制高校、定時制高校と同様の高校卒業資格が取得できます。

③ 療育を必要とする高校生のための奨学金給付制度(返済不要)

各種学習支援事業を主宰する学べるコムネットでは、療育を必要とする子どもたちや若者たちが、自立生活して、地域社会と共存共生していける環境づくりのために奨学金給付制度を実施していきます。高校卒業後、就職活動を志す高校生には、「就労特別技能訓練サポート奨学金給付(返済不要)」の支援を行います。また、進学を希望する高校生には、「就学特別学習サポート奨学金給付」で支援していきます。対象となる高校生は、療育を必要とする高校生(いわき市内の高校に通学している学生)で、放課後、「放課後等デイサービスらいむ」に登録して、利活用できる高校生となります。この種のサポートは、学べるコムネットの「夢を夢で終わらせない事業サポート」の一環として支援をさせて頂きます。

※「特別技能訓練」とは、就職活動に必要なパソコンの基礎的なスキルから情報知識の学習等のセミナーを受講する。介護系職域からは、初任者研修における基礎的な知識から介護スキル等を訓練する。また、介護食士調理初任者研修での調理実習等、生活に活かせる基礎的なノウハウを専門家から親切、丁寧に伝授していただくことです。等々。

④ いつでも、だれでも、みんないっしょになって、学びあえるコミュニティー

らいむの体験学習プログラムでは、親子で一緒のイベントや保護者様のお楽しみセミナー講座等、生活に活かせるプログラムを提供していきます。つまり、保護者様の笑顔が、療育支援の最高の贈り物だからです。

パンフレットA面1

らいむチラシAの裏

らいむチラシB面表

らいむチラシB面裏

放デイサービスらいむ広告